函南さくら保育園

卒園式 遊子水車を贈呈・・・遊水匠の会

 函南さくら保育園の園児28名が卒園式が3月15日、父兄が参列し、園庭に集まり、グラウンドワーク三島 遊水匠の会会長(小浜修一郎)と会員上村氏と共に水の大切さを園児に判りやすく説明した。忘れかけた水の存在を意識し、園児も元気よく、水を大事にしようと大声で答えた。
 遠藤園長より命を育む水を大切にしようねと全園児に呼びかけた。
また、遊子・トープ(ビオトープ)において遊水匠の会より直径45cmの遊子水車が贈られ、卒園児による元気な声で除幕式の贈呈式があった。この水車が元気よく廻った時、全園児と父兄から大拍手と大歓声があがり、子供にも私たちも良き思い出となり人生の一歩を印したと父兄が語っていた。

よーくかんがえよう・・・〜〜

みずはだいじだよ・・〜〜

遊子(ゆうし)水車のように元気で学校行ってね。 風船のように天高く夢を持とうね・・・