水乞い祈願祭
        三島梅花藻の里


 三島ゆうすい会の塚田会長と源兵衛川を愛する会の佐伯会長がこの釣瓶井戸から水を汲み湧水が増えるように祈りながら梅花藻に放水をした。また、岩田氏が井戸からのポンプに開閉器を投入し水のくみ上げを開始した。尚、このポンプ2基は、三島ゆうすい会の寄贈によるものです。
本日据付の釣瓶井戸は、遊水匠の会が家屋解体の廃材をリユースした材料の利活用で高尾棟梁が昔、執った杵柄で見事完成させた。
皆さんに愛される釣瓶となることでしょう。

3/5 2006 三島梅花藻の里で湧水が今年は昨年の12月に雨が富士山に少なく減少しつつあり、梅花藻がピンチになっている。この涌き水を増やそうと井戸に釣瓶井戸を設置し水乞いの神事を行い、20人会員らが集まり祈願祭を行った。

 源兵衛川では・四つ目垣の設置を会員らで組み立てた。上村庭師の指導により結び方を教わり完成させた。四つ目垣を通して昔の水を引き込んだお庭の面影を皆さんに楽しんで頂こうとせせらぎ事業の一環として行った。

遊水匠の会

釣瓶井戸据付

水乞い神事

源兵衛川四つ目垣

新聞記事