杉皮葺き門完成

 遊水匠の会では、三島梅花藻の里の門が昨年台風で倒壊したあと再建を三島ゆうすい会、GW三島から委託を受け約3ヶ月を費やしこの度完成した。
 材料は、檜の間伐材を使い裏地には、不要になった簾を利用、屋根には竹で棟、押さえに使い、なかなか風情のある仕上がりとなった。

 参加者は安室、上村、江上、高尾、小浜の皆さん5名が参加し汗を流し、杉皮を葺く作業に汗を流した。
写真左の安室弘治さんは、この度匠の会へは初参加で電気工事士の資格を持つプロで我々の環境改善活動に協力をして頂けることを期待し節に望んでいる。

安室弘治氏新会員歓迎

待ち望んだ
三島梅花藻の里
シンボル御門再建
建立は平成17年1月30日

左の竹細工 しゃもじ、靴べら付き孫の手、竹コップ、置き皿等安室さんが趣味で製作した作品です。
これから会員に竹細工を指導して頂き普及に努め、遊悠シニア工房のメニュー入り間違いなし。

作業風景 Wclic拡大写真

函南さくら保育園 手づくりビオトープ